次世代せどりアカデミー

      2016/03/13

70万円を払っても、ごくわずかしか稼げないですよ。お決まりとなっているせどりダメ商材の販売ですから、初心者の方は騙されないように十分に注意してください。そんなオファーをするのが、株式会社サイバー=株式会社A-プログレスです。ですから、動画のように簡単には利益の出る品物は見つからないというのが真実です。オファーページには、資金0円や飽和確率0%など、せどりを行ううえであり得ない言葉も書いて、とにかく初心者を誘い込み、20万円程度のスクールとバックエンドとして50万円程度のコンサルを売り込んできます。

月10日と考えても、たった20時間で450万円稼ぐとなれば、1分あたり平均3750円の利益がでる品物を入手する必要があります。どのような内容であるかは、もうひとつの無料オファーページでネタバレしていました。つまり、店舗せどりもすでに飽和はしているのです。http://matsuki-e.com/lp/e/index.html簡単に言いますと、”店舗せどり”です。この店舗せどりで、松木慎也氏は週2回 2時間の買い物ついでに450万円を稼ぐと言っています。

リサーチしている時間だけに絞って1時間だとしても1分あたり833円となり、450万円稼ぐテクニックはそこにはまったくありませんでした。その結果としては、販売作成者のように品物が見つからないという状況が発生し、クレームの嵐となっていました、ディスカウントストア、ケーズデンキ、イオン、どの店舗もこれまでせどらーが訪れていないということはありません。半日程度いくつか店舗を回って、利益が5万円程度でていました。でも、利益はでそうなので、いくらかお小遣いが稼げれば良いと思いましたか?…そうやって、騙されてきた人がこれまでに何人もいるんです。これから参入する人は、労力と時間に比例して利益がでないため、結局はあきらめて止めていくことになっているのです。

あいかわらずですが、宝箱を見つける=利益の出る品物を見つける、という意図のようです。そのノウハウが真実であればすごいのですが…おそらく動画用にすぐに利益のでる品物が見つかるようにサクラを仕込んでいるでしょうから、これがBESTのパフォーマンスと見て分析してみましょう。いい状態で分析しても理論がすでに破綻しているのです。実は、このような店舗せどりの商材は過去に何度も発売されています。これらの店舗を回って、”せどりすと”のようなスマホアプリを利用してAmazonの販売価格と差額利益が出て最近販売実績のある品物を仕入れ、後はAmazonのFBAへ送って売れるのを待つという手法です。

 - 詐欺、情報商材