幼稚園児な女の子が200万円稼ぐ!?

      2016/03/11

オファーページでは、月収200万円稼いでいるって書いていますが、この商材作成者のギャラ欲しさにこんな恰好までするので、よっぽど稼げていないのでしょう。結局、普通のリサーチツールとAmazon転売を教える塾を高額にして売るための、無理やりな設定なんです。それをどこでも誰でも可能という時点で、ウソで話しを作っていることがばれています。ですから、この商材は販売者がウソの話しを作って、初心者を陥れようとしているだけなんです。転売を学ぶのであれば、こんないいかげんな高額塾に入る必要はありません。

商材作成者の姫乃麻莉菜氏は、特定商表記にある販売業者の株式会社EnterCreateの会社ページを見ると、すぐに誰だかわかりました。そして、週1回3時間の作業をするだけで月収200万円稼ぐという設定も完全に無理があります。ウソの話しである裏付けとして、その超ブルーオーシャンの市場を教えれば誰でも稼げるはずなのに、やたらとツールのすばらしさを強調しますし、誰でも簡単に稼げるのであれば塾にする必要はないのに、高額塾で売り出す話しとなっています。始めてみればすぐに、飽和せずに稼げる市場はないということが理解できると思います。そんな市場があれば、転売者の多くが長者番付に名前を連ねているでしょう。

オファーページにある証拠画像を見てください。それにしても最近は、女性を作成者に立てて宣伝する戦略が増えてきましたね。まずは、無料でもかなりの情報が手に入りますので、そこから始めてみてください。今後10年も20年も飽和せずに、33%利益の人気商品を簡単に手に入れられる市場は存在しません。オファーページでは、”幼稚園児と変わらないくらいビジネスの一切の知識も経験も無いけど、「よく分からないけど稼げちゃってる」”と言っていますが、本当に天然オバカキャラ設定でビジネスを語るのでしょうか…。

さすがにまじめに受け答えするようになっていますが、”知り合いのプログラマーに頼んで自分の理想とする転売リサーチツールを作ってもらった”と、転売やITに関わるビジネスを語って、キャラをいきなり破綻させています。平均9000円程度の商品を取り扱っていますので、月あたり666品は仕入れる必要があります。(オモチャ市場は、そんなブルーオーシャン市場ではありません。)転売者として多く稼いでいる知り合いがいますし、私も転売をやっていますから、よくわかります。動画までオバカキャラは続けられないのでしょうが、辻褄の合わない宣伝をするあたりからも販売者のウソで話しを作っている姿が見えてきます。

 - 詐欺、情報商材