最速物販ビジネス塾

      2016/03/11

単独販売になった途端、高額では売れないと考えたのか、以前の半額程度の98000円になりましたね。これらの状況を見ていると、今度は悪かったところを改善して塾生を稼がせようという心はまったくなく、ただ自分が稼ぐことしか考えていないやしろひろたみ氏の姿が見え見えなので、今回の塾も不評の嵐になるでしょう。では、現在は状況が好転してゲームせどりがブルーオーシャンになっているのでしょうか。)動画に出てきた夏目そら氏は、自身の公式ブログで過去の自分を許可なく使われていたことを暴露しています。この結果、購入者から返金要求が多数でましたが、断固返金をしない対応で大モメになったのです。

最速物販ビジネス塾の商品ページに書いてある内容は、やしろ塾二期の内容と若干名称が違うだけでほとんど同じです。初心者の方は挫折する可能性が大なのでオススメはできません。そして、実際にゲームせどりのプレミア商品で稼いでいる人もいます。(動画共有ができない制限がかけられていましたので、興味のある方は“最速物販ビジネス塾第2話 やしろひろたみ”で検索してYoutubeを見てみてください。まず、過去のやしろ塾は、不評の嵐の塾でした。

加えて、塾が開講した途端に購入者への回答レスポンスが無くなり、毎日プレミア商品の情報が届くという話しもありましたがまったく届かない、という最悪のサポート体制でした。それでも、98000円も安くはない金額ですから、中身が改まっていれば良いのですが…。塾が開始した途端、商品ページで書かれていたこととは違うシビアなせどりの世界を見る事になります。でも、稼いでいる人は、ゲームだけでなく色々苦心して稼げる商品を開拓して利益を増やしています。ちなみに、最初はレビューはいらないかなって思っていました。

商品ページでは、プレミア商品を仕入れると定価よりも高値設定しても売れていくようにサンプルを載せていますが、そんな商品は現実にはごく一部だけしかありません。なぜなら、無料オファーのときに、元塾生からやしろひろたみ氏は3000万円は稼いでいない証言がでたりして大モメ状態たったので、さすがに売れないだろうと思っていたからです。プレミアゲーム商品を仕入れるのにその辺にいる子供に小遣いを渡して探しにいかせたりお店側を騙すようなノウハウを教えたり、カード会社の規約違反であるカードを使ってゲームを大量に仕入れて現金化することを教えたりするモラルがない指導や、プレミア商品自体を手に入れてもわずかな期間で値崩れしてしまい赤字になってしまう人が出たり、そもそもプレミア商品自体を大量に仕入れることが無理な人が続出するという現象が起こりました。せどりで稼げる可能性はあります。スマホアプリの進出により、家庭用ゲームの販売はよりシビアな状況になってきているため、以前のような大きな利益率も出せなくなっています。

 - 詐欺、情報商材