徳原式タオバオ輸入ビジネス塾

      2016/03/13

みんなが同じリサーチ結果では購入者同士で競争になってしまいます。やはり販売ASPを通さない商材は悪徳系が多いです。だから、初心者が稼ぐために学ぶ商材としては、他の普遍的かつ長期的に通ずるノウハウのものにして下さい。初心者が勉強して経験者に追いつく頃には市場情勢も変わる可能性があります。このあたりも要注意です。

あと、他の初心者がそのままライバルに成長していきますからね。。最も懸念されるのは目玉のように押されているアマツルなるリサーチツールこれ確かに便利そうですが、利用者が多くなると飽和してしまいますよね。あ、あとこの商材の動画で紹介されている仕入れ代行業者さん。商材の売りとしてはこんなところらしいです。

スタッフ総勢3名は厳しいような、、気がします。集めた塾生全てのオーダーに対応できるのでしょうか?輸入転売ビジネスにおいて出荷遅延などが起きると簡単に信頼を失いますからね。いきなり飛び込んでも理想とする成果までつなぐにはかなり根性入れないと難しいですね。徳原塾においても販売ASPの審査に通らなかったか、最初から返金請求をうやむやに展開するシナリオがあった可能性は否定できません。販売数を抑えるため、数量限定でその後は値上げを謳っていますが、これは大抵の場合において、数は守らず売りさばかれます。

恐らく返金申請が多かったため途中でうやむやにしたのでしょう。また、返金保証が付いている期間に買った購入者に対しても、“保証期間中でないから応じられない”とのことで返金されなかったそうです。しかし、初心者は手を出しても薄利段階で終わってしまう可能性が高いと思います。ま、販売者も商売ですから、それくらは私も目をつぶりますが^^;だからこそせっかく購入するなら数を販売しても価値が薄れない本物商材が理想です。徳原和博氏の3期目の募集となります。

 - 詐欺、情報商材