グローバル・ビジネス・アカデミー

      2016/07/26

ジャンボ伊藤氏のグローバル・ビジネス・アカデミーについて書きたいと思います。

 

これは、以前記事にした金脈のゴーグルのバックエンド案件になります。

 

レターページを見ると

 

金脈のゴーグルを覗き見るだけで幸せな億万長者へ

 

私を信じてついてくると覚悟を決めているなら、責任を持って命がけであなたを幸せな億万長者へと引き上げてみせます。

 

小学生にも実践可能なわずか2ステップ

 

面倒な作業は全て丸投げし、飽和知らずのグローバルな市場を武器に元手資金ゼロ、全くの初心者から商品を右から左へただ横流しするだけで最低でも年商1億円(しかも利益率90%)を目指す

 

安定的、継続的収入を得られる奇跡のビジネスを公開

 

というキャッチコピーです。

 

小学生でも出来るとか、初心者が利益率9割の年商1億円などと誇大表現がえげつない感じですが、やることは金脈のゴーグルという仕入れツールを使ってamazonで販売という流れです。

 

このノウハウを学ぶのに30万円の価値が有るのかが問題になります。

 

ジャンボ伊藤氏は以前伊藤虎太郎という名前で中国輸入転売についての高額塾である丸見えビジネス実践塾をやっていた過去があります。

 

その評判は悪評ばかりですし、当時もツールを使って仕入れを行うという今回と同じ流れでした。

 

ジャンボ伊藤と名前を改名して違う名前でオファーを出してるだけであって、今回のグローバル・ビジネス・アカデミーは以前の丸見えビジネス実践塾の焼きまわしと考えるのが妥当です。

 

ということは、稼げる見込みはないですし前回同様、参加者同士がライバル化して共倒れして終了というオチが見えてきます。

 

安く仕入れて高く売るという転売の基本をしっかりと守れば利益が出る転売ですが、このような誇大表現&高額案件という組み合わせは非常にリスクが高く、そのお金を仕入れ資金に回すほうがよっぽど賢いというのを覚えておきましょう。

 - 詐欺、情報商材