ラグジュアリーFX

      2016/03/08

独自のソフトには通貨ペア、新規で買いなのか売りなのか、もしくは保有中なら決済のタイミング、が表示されます。取り組みやすさ、難易度としてはかなり優しいものとなっています。また、メール配信もあり、あなたのメールアドレスを登録すれば、エントリーのタイミング、決済のタイミングになれば、メールを送って知らせてくれる、というのもついています。

ツールの表示に従ってエントリー、エグジットすればいいだけですから。かなり魅力的に思えるでしょうか。つまり、あなたは何も考えなくてもトレードをすることが出来るのです。ラグジュアリーFXですが、サイン配信のようなものになります。

しかも、それまで考えてトレードなんてしたことがないので、ツールが使い物にならなければあなたはもうFXで勝つことは出来なくなります。独自のソフトをインストールしてその画面に表示される通りにトレードをする、という感じです。そうなったら最後です。

僕はラグジュアリーFXのサイン通りに取引をしていないので、何とも言えないのですが、このようなサイン配信型のノウハウには限界が来ます。それは使い始めてから一ヶ月後かもしれませんし、半年後かもしれません。サインを信じることが出来なくなり、サイン通りにトレードすることが出来なくなります。そしてそれに従ってFX会社の注文画面から注文をするという風になります。

それでも俺はサイン配信型がいい、というのなら止めませんが、これからFXを勉強して稼げるようになりたいのであれば、裁量トレードを勉強することをオススメします。

 - FXダメ、情報商材