パトリオット

      2016/03/08

もしパトリオットを買うのであれば、しっかりと裁量の基本から勉強することをオススメします。

パトリオットですが、自動売買システムとしても使えて、インジケーターとして使い自分で成り行きエントリーすることも可能な教材です。こういう風に聞くと良さそうに思えるかもしれませんが、カスタマイズ可能なものは結構厄介だったりします。携帯電話にいきなり何かが表示されたら、とりあえずNOを押す、というのと似ています。

最も、しっかりその自動売買システムのロジックを把握していなければ、どの場面でナンピンをしていい、してはいけない、という設定も出来ませんが。例えばナンピンをするかしないか、という問題ですが、基本的にナンピンはしない方がいいと言われています。なぜなら、検証などを自分で行わなければ行けないからです。また、使い方によっては、自分が相場を見れない時間だけ自動売買システムを稼働させ、相場を見れるときは、自動売買システムを停止する、ということが可能です。

販売ページを見た感じ、どのようなロジックでエントリーするのかということは一切振れていなかったので、カスタマイズしようにも出来ない、となってしまうでしょう。

FXをはじめたばかり、もしくはこれからはじめようと思うのであれば、パトリオットは購入しない方がいいでしょう。そういう場面を知らなければ、何となくナンピンはしない、ということになってしまいます。しかし、ある場面においてはナンピンをした方がいい、という場面があるのです。

 - FXダメ、情報商材